【地域サービス事業】

☆JR琴似駅直結空中歩廊にて各種サービスを始めています!

空中歩廊(2Fレベルの室内通路)は、北国に住む 「琴似」住民にとって非常に住み易い環境の代表のような存在になりました。

 

さらに、この空中歩廊の環境を改善することを目的に、まずは・・・

 

①分かり易い空中歩廊全体地図の作成(今まで残念ながらありませんでした)

②交差点にシンボルとなるランドマークを設定、掲示(親しみのある空間へ)

③デジタルサイネージを設置(楽しい地域情報を積極発信!:琴似元気サイネージ)

 

この3点の活動を、

株式会社 コーポレーション・ミヤ が、2015年末に行いました。

これは、札幌市立大学デザイン学部の柿山浩一郎准教授様とその学生の方々の多大なる協力によって実現しました。

また、琴似元気サイネージは、幡本印刷株式会社様他、協力者の方々の協力によって支えられています。

 

 【Cozy KOTONI:より居心地の良いコトニ】を目指します!

 

☆新しいメッセージの手段 「つくラン」 始めました!心温まる癒しの伝言板です!

「つくラン」は、つながる くみたて ランタンの頭文字の愛称です。簡単に作ることができるのが特徴です。電源は、LED照明、カバーは紙製ですので、子供でも、ちょっと工作は苦手という方にも簡単に製作できます。サークルや学校、幼稚園などの各種イベントに是非ご利用ください。また、各種店舗様、企業様には新しい広告手段としての活用も提案します。

 

お問い合わせは、本ホームページの【お問い合わせ】のコーナーから、メールにてお問い合わせください。返答させていただきます。

☆札幌市内琴似地区のE-KURASHI(良い暮らし)をサポートします!

※ この再開発エリアを対象した各種サービスを計画しております。

① 空中歩廊に直結したスーパーマーケットから、直結マンション住民のご自宅まで、ショッピングカートを利用できるサービスです。

② 公立大学法人 札幌市立大学 様、AVCテクノロジー株式会社様、日本マイクロソフト株式会社様、と弊社(株式会社 コーポレーション・ミヤ)の4者にて、E-KURASHI(良い暮らし)システム開発を琴似地区にて行っています。特に高齢者を対象にした健康管理システムで、4年間の実験に基づいて開発された療養者側に立ったシステムが特徴です。今後、この実験結果に基づき、各種サービスを展開予定です。

 

以下のサイトにて、詳細情報確認できます。

 http://e-kango.scu.ac.jp/04.htm

 

 

【不動産事業】

 北海道札幌市の西の副都心:琴似 にて、1991年から約22年に渡り、宮坂グループは、再開発事業の一員として地域の発展に寄与してまいりました。

 JR琴似駅を中心とした約10haもの面積にて、再開発事業を一員として展開し、商業施設、事務所、住居マンション(総戸数:約1200戸)等を建設いたしました。

 この一連の再開発事業の1つの特徴は、空中歩廊と呼ばれる2FのレベルでJR琴似駅に直結している通路です。冬期間厳しい環境にさらされる北方型都市には有効な室内環境の通路となっています。この総延長は約1kmを超えています。

 

 

【金属製品事業】

☆耐摩耗、耐熱、耐食ステンレス鋳造品を日本国内、海外(BRADKEN社)から提供します!

 素形材産業にも長く従事した経験を活かし、耐摩耗、耐熱、耐食ステンレス鋳造品、金属製品の販売、仲介も行っております。大型鋳物品は、海外のBRADKEN社と業務提携し、日本市場での窓口業務も行っています。また、小型鋳造品は、日本国内から提供いたします。また、素形材全般に関する技術的なコンサルタントも行っております。金属材料もしくは、トライボロジー(摩耗、摩擦、潤滑)でお困りの場合はご相談ください。



【衛生製品事業】

☆かびにお困りの際は、お声かけください!

 さらに、衛生環境が昨今は注目されていますが、抗菌、抗カビ製品も扱っております。何かとお手伝いができることがあるかと思いますので、一度ご相談ください。